2019.07.23

コープこうべ様と協定を締結しました

令和元年7月23日(火)、氷上健康福祉センターにおいて、生活協同組合コープこうべ様との間で、「丹波市における買い物困難者等に対応する支援協定」を締結いたしました。

近年の少子高齢化や社会情勢の変化に伴い、移動や買物に不便を感じられる市民が増加しており、当会においては、地域での支えあいを進めるにあたり、ふだんのくらしサポートセンターを設置し、有償ボランティアである「くらし応援隊」の育成と、くらし応援隊による高齢者等の生活支援サービスの推進を図っております。
また、移動販売で当会と連携してもらえる事業者を募集しましたが応募は無く、今年には市内の移動販売事業者はすべて無くなりました。

一方、コープこうべでは、2012年から市内で移動店舗販売を実施されて おり、昨年の秋頃より両者の連携ができないか検討を重ねておりました。
また、コープこうべは今年の4月に、より利用者の利便を図るため、店舗での買い物希望者の送迎事業「買いもん行こカー」の運行をスタートされました。

このような状況の中で、当会と生活協同組合コープこうべが相互に支援・協力して、買物困難者等の支援事業をはじめ地域の見守り活動の実施など丹波市民の支援に取り組むことにより、丹波市の地域コミュニティの活性化と地域での支えあい活動の推進に寄与していくことについて合意に達し、協定の調印式を執り行いました。

今後は、お互いに連携を行いながら、移動販売車停留所の情報支援、買いもん行こカーのお客様への買い物支援ボランティアの養成、協働してボランティア講座やイベントの開催、ニーズ調査など、様々な分野で連携しながら丹波市の地域福祉を盛り上げていきたいと思います。